ヒゲ脱毛でありがちな失敗例を知っておこう

髭の濃さで悩んだ経験、ありませんか。
だけど、ヒゲ脱毛は痛そうだし心配なことも多く、気持ちの踏ん切りがつかない…そんなあなたの為に、今回は髭脱毛でのよくありがちな失敗例から学んで、不安を解消して頂きたいと思います。

 

ヒゲ脱毛する前に4つのポイントを抑えよう!

  • 部位や脱毛方法によって異なる痛み
  • 永久脱毛はできない?
  • 髭脱毛後は、ケアが必要
  • 意外に多い、金銭トラブル

部位や脱毛方法によって異なる痛み

まず、一番気になるのは、痛みだと思います。
脱毛に痛みはつきものですが、どれだけ痛いのか、あらかじめ覚悟が必要ですよね。
想像以上に痛くて、途中で治療を止めてしまいもったいないことをしたとか、痛い思いをしたのに、また生えてきてしまったとか、よく耳にしませんか?

 

顔は、腕や足に比べるとはるかに痛みを感じます。中でも鼻の下はより強い痛みを伴います。同じ顔でも部位によって痛みの大きさが異なるものなのですが、脱毛方法によっても痛みが違うのです。

 

光脱毛

痛みが一番小さいのは、この光脱毛です。
しかし、全く痛みを感じないという訳ではありません。その分効果が薄いと主張する人もいるようです。

 

レーザー脱毛

よく聞く脱毛方法だと思いますが、ピンと張ったゴムで弾かれたような痛みを伴います。痛みに不安な方は、医療機関では、麻酔をしてくれるので、希望があれば受けられるのが安心です。オススメなのは、カウンセリングに行ったときに試し打ちをしてくれるクリニックがほとんどなので、是非自分で体感することが肝心です。

 

ニードル脱毛

毛穴に器具を差し込んで微弱な電気を流す方法なので、痛みも相当なものです。

 

以前は女性の腕や脇にも行われていたのですが、あまりの痛み故に現在は女性向けの脱毛では、人気がなく、日本のサロンではあまり積極的に行われていません。エステティックTBCのスーパー脱毛がこのニードル脱毛ですが、1回で完全な永久脱毛ができるので、早く永久脱毛をしたいという人が、選んでいます。

 

実際に、有名な女優さんや芸能人の方々が通っています。逆にアメリカの脱毛サロンでは、ほとんどが、このニードル脱毛法で、ハリウッド女優は、VIO(陰部)の部位の脱毛にも施されていると言われています。

 

理由は、一番永久脱毛効果が高いという事実です。

 

全身脱毛ではなく、少ない部位や髭の脱毛で利用する人が多いです。少ない部位なら短時間の我慢をすればよいから、ということで我慢して治療される男性は少なくないようです。残念なことにニードル脱毛に関しては、麻酔はありません。

 

このように、痛みに比例して、髭脱毛の効果が強くなると言うことができるのですが、光脱毛でも痛みが全く伴わないという訳ではありません。ですから、痛みと自分の髭の量や濃さと相談しながら決める方が良いと思います。

髭(ヒゲ)の永久脱毛はできない?

髭(ヒゲ)の永久脱毛を考えるとして、一番効果的なニードル脱毛でさえ、一度で全ての髭を脱毛することは不可能です。

 

それは、一つの毛穴から実際に伸びる毛というのは、一般的に2割程度だからです。脱毛したとしても残りの8割は脱毛できずに残ってしまいます。つまり、複数回やらないと脱毛は完了しません。

 

因みに目安として、個人差は大いにありますが、光脱毛なら20回程度レーザー脱毛なら、10回程でつるつるになると言われています。ニードル脱毛ならのべ20〜30時間となっています。

 

しかし、一度髭脱毛が完了したからと言って、永久に生えて来ないかというと、そうではありません

 

勘違いしていて、治療後に後悔する人も多いので注意が必要です。完全に永久脱毛できる方法はありません。

 

一番永久脱毛に近いと言われているのは、ニードル脱毛です。それでも、上に上げた目安の時間を大幅に上回ってもほとんど効果がなかったという人もいれば、光脱毛で、ツルツルになって満足したという人もいるのです。だから、最初から個人差があり、もしかしたら、すぐに生えてきてしまうかもしれないという認識の上で髭脱毛に望んだ方が良いですね。

 

そういう意味では、脱毛完了後、また生えたら、「80%割引料金で同じ部位は施術可能」というサロンや、「4年間通う回数無制限で同じ費用」というクリニックもあるので、上手に利用するといいでしょう。

 

脱毛完了した部位がまた生えたら80%割引で利用可能!

RINX

1800円で髭1か所のお試し脱毛体験キャンペーン中

脱毛後はケアが必要

髭脱毛をしたら、放っておいても大丈夫だと思っている方も多いようですが、とんでもありません。脱毛とは毛ともに皮膚の一部も破壊してしまうものなので、入念なケアが必要になります。

 

治療後はなるべく保湿を心がけてください。髭脱毛によって著しく乾燥状態になってしまうケースが多いです。
さらに、顔をごしごしと激しく洗うことも禁止です。傷ついた状態なので、その傷が荒く洗うことによってひどくなってしまうからなんです。
そして、紫外線も避けてください。髭脱毛後は肌が無防備な状態になっています。ですから、普段以上に紫外線には注意していただきたいと思います。

 

このように、面倒くさがらずに、お肌を守ってあげる必要もあることは覚えておいてください。

意外に多い、金銭トラブルも要注意!

もし、治療を始めたけれど自分に合わないと気づいて、途中で止める場合、必ずしも残りの治療費が返って来るとは限りません。
クーリングオフと言って、期間内なら全額返金される制度なのですが、医療機関ではクーリングオフの制度はありません。その他一部の治療院では、クーリングオフの制度を受け付けないという悪質なお店の噂もあります。ヒゲ脱毛も医療行為で高額なお金がかかります。ですから、治療の際は是非ともインターネットの書き込みや口コミなどを調べて、不安なく治療に当たって頂きたいと思います。

以上、ヒゲ脱毛を実際に体験した人が後悔したことややってしまいがちなことを紹介しました。ここで説明できなかったこと以外にもたくさん問題点や注意すべき点があります。ヒゲ脱毛に失敗してシミができてしまったという話も珍しくありません。だからこそ、必要なことは治療前の知識です。脱毛の方法も人によって最適なものは違いますし、治療院によっても得意なもの不得意なものがあります。大事なことは、事前によくよく調べて頂くことに尽きますので、是非、冷静に自分にとってのベストを探してみてください。