しっかり剃ったはずなのに、鏡を見ると頬や鼻の下が青い…。いくらケアしても改善されない青ひげで、見た目が気になってしまうことはありませんか?青ひげ対策をしたいと思っても、人には相談しにくくて悩んでしまうことも多いですよね。

 

そこで青ひげを改善するための効果的な脱毛方法を3つにまとめてみました。

青髭改善もための脱毛方法

青髭

  1. 毛抜きでひげを抜く
  2. 脱毛クリームやテープで一気に抜く
  3. エステやクリニックでひげ脱毛を受ける

青ひげの原因になっているのは、毛穴の中のひげや毛根なので、青ひげをなくすためには毛穴の中をきれいにしなくてはいけません。

 

毛抜きを使ったひげ脱毛

毛抜きでひげを抜くメリット&デメリット

メリット

毛抜き

  • 毛抜き1本と鏡さえあればいつでも脱毛できる
  • 手軽に始められる
  • 費用がかからない

 

デメリット

  • 抜くときの痛みが強い
  • ひげを少し伸ばす必要がある

ひげ脱毛の最も古典的かつリーズナブルな方法といえば、やっぱり毛抜きで1本ずつ抜く方法でしょう。

 

自分が思いついたタイミングで始められることや、残したいひげや抜きたいひげなども調節できることから、毛抜きのひげ脱毛を実践している人は意外にたくさんいます。

 

ただ、抜く時の痛みが強く、そこで躊躇する人も多いです。ひげが太いと痛みがかなり強いですが、ひょろっと細いタイプのひげだとほとんど痛くないと感じる人もいます。

 

この方法を実践するためには、ひげの長さが少しでもあった方が良いので、休日で無精ひげが伸びている時に試してみると良いですね。

脱毛クリームやテープで一気に脱毛

脱毛クリーム

脱毛クリーム(ワックス)や脱毛テープを使うと、広範囲を一気に脱毛できます。

 

クリームもテープも、脱毛方法はほとんど同じで、ひげを処理したい部分にクリームを塗ったりテープを張りつけて、それを剥がすことでひげを引き抜くことになります。

 

簡単にいえば、ガムテープをべったり貼って剥がすのと同じ原理です。ただ、ガムテープと違うのは、張りつけた部分のひげをしっかりキャッチして確実に抜くことができることと、肌への負担に配慮されていることです。

 

費用は1000円から4000円程度です。少しお金はかかりますが、その分短時間にたくさんのひげを処理できるし、しばらくの間はヒゲソリの手間が省けます。

プロに任せるひげ脱毛

脱毛サロン

エステサロンやクリニックでプロにお任せするひげ脱毛は、特殊な光やレーザー、電気を使用して脱毛の施術を受けます。

 

費用は数万円〜と、割高感はありますが、経験あるプロの人にまかせるという安心感はとても大きいですね。

 

青ひげ対策に自分1人で試行錯誤するよりは、多少お金がかかってもエステやクリニックに通って確実にひげ脱毛をしたいと考える男性は年々増えています。

 

無料のカウンセリングや施術後のアフターフォローも万全ですから、自分でひげ脱毛をやってみたけどうまくいかなかった時や、やり方がよく分からず悩んでいる時には、プロに任せてしまうのも良いのではないでしょうか。

 

青ひげ対策には、メリットデメリットやコストパフォーマンスなど、脱毛方法を選ぶための基準は人それぞれですよね。ご自分のライフスタイルや時間的余裕も考慮しながら、どの方法が合っているか、選んで実践してみて下さいね。