青髭(ひげ)がすごく気になってしまうと、どうにかして青髭(ひげ)を無くせないものか…と考えることもありますよね。ヒゲを完全に無くすことは無理でも、目立っているところだけでもどうにかできないのか。そんな風に悩むことも多いと思います。
そこで、今回は青髭(ひげ)を無くす3つの方法をご紹介します。それぞれ合う合わないがありますが、ぜひ参考に!

 

  • 一番効果的なのはヒゲを抜くこと?
  • 除毛クリームはヒゲにも使える?
  • 青髭を目立たせなくするテクニック

 

青髭(ひげ)を無くすには、大きく分けて3つの方法があります。

青髭(ひげ)は抜いたら無くなる?

「青髭(ひげ)を気にしてヒゲを抜いている」っていう話、時々耳にすることがありますよね。確かに、青髭(ひげ)は毛穴の中の毛が原因で、ヒゲソリでは無くすことが出来ないため、一番手っ取り早いのが抜いてしまう方法になります。
毛抜きを使って1本ずつヒゲを抜いていくのは、時間も手間もかかって大変ですが、青髭(ひげ)を無くす方法としては間違っていません。ただ、いくつかのデメリットはあります。

 

まず1つめは、抜く途中で切れてしまったヒゲが埋没毛になり、毛穴の炎症やニキビなどを引き起こす可能性があること。2つめは、毛抜きを繰り返すと毛が太く頑丈になってさらに青髭(ひげ)が目立ちやすくなってしまうこと。そして、3つめ。これは当然のことながら、かなりの痛みが伴うということです。
いくらヒゲといっても、生えている本数はかなりの量があるので、それを全部抜こうと思うと痛みは相当のものです。

 

これらのデメリットがあっても、やっぱり抜いてすっきりしたいという場合は、ヒゲの抜き方や抜いたあとの肌ケアもきちんと考えて行なうようにしてくださいね。

除毛クリームでヒゲを抜いてしまう

次に紹介するのは、除毛クリームでヒゲを抜いてしまう方法です。
除毛クリームとは、アルカリ性の成分でできたクリーム状のもので、それを肌に塗ることでアルカリ性が毛のタンパク質を溶かし毛が抜けていきます。毛が抜けるといっても、毛根から全てを溶かすわけではありませんが、抜けずに残ってしまった毛もアルカリ性の作用で細く柔らかく目立たなくなります。
もともと女性のムダ毛処理によく使用されていますが、最近では男性からの人気も高まっているそうです。痛みも無く、カミソリ負けの心配もありませんから、青髭(ひげ)予防には適しているといえますね。
除毛クリームのデメリットは、まれに肌荒れが起きる場合があるということです。除毛クリームを使ったあとはしっかり洗い流して、成分が肌に残らないように気を付けましょう。

青髭(ひげ)を無くしてしまうテクニック

青髭(ひげ)を無くす方法は、ヒゲ自体をなんとか除去するというのが大切なことですが、それ意外にも青髭(ひげ)がありながら目立たなくしてしまうテクニックもあります。

 

まず、青髭(ひげ)で悩む男性がよくしているのは、日焼けで肌の色を濃くしてしまう方法です。すごく簡単で単純な方法に思えますが、意外にもこれが一番効果的なようです。
そもそも青髭(ひげ)は毛穴の中の毛が肌から透けて見えることが原因になっていますから、肌の色が濃いほどに毛穴の毛は見えなくなるわけです。確かに、日焼けしている男性で青髭(ひげ)の人っていませんよね。

 

次は、ヒゲ用のコンシーラーを使う方法です。
コンシーラーはシミやニキビ跡などをごまかすためによく使われますが、肌の色を調整することができるので、青髭(ひげ)にも効果的なのです。
使い方のポイントは、塗るのではなく叩くということ。コンシーラーは直接肌に塗りこむと、色が浮いてかなり不自然になってしまいます。コンシーラーを指先にとり、青髭(ひげ)が気になる所にポンポンとなじませることで、肌から色が浮かずに自然に仕上がりますよ。

毛穴から自然に生えてくるものを完全に除去することは簡単ではありませんが、少しでも目立たなくするために毛抜きや除毛クリームを使ってみるのも効果がありそうです。
また、青髭(ひげ)を完全に無くさなくても、日焼けやコンシーラーで上手にカバーすることで、青髭(ひげ)の悩みから解放されるので、この方法なら肌も傷める心配もないのでいいですよね!

関連ページ

シェーバーで変わる青ひげ率!青ひげに効果があるシェーバーとは?
青ひげ率を低くするための、電動シェーバーの選び方を紹介!必見です。
ひげ脱毛で青ひげ改善できる?
ひげ脱毛で青ひげを改善できるか?初めてひげ脱毛について興味を持った人がよくわかるように解説!
青髭(ひげ)になりにくいひげそり方法!
青髭(ひげ)になりにくいひげそりの方法を、わかりやすく解説しています。
青髭(ひげ)の原因がわかった!ココ注意すればバッチリ
青髭(ひげ)の原因、なぜヒゲソリをしても青髭(ひげ)になるのかをわかりやすく解説しています。