3つのポイントにこだわった髭剃りシェーバーで青ひげが変わる!

青髭

毎朝同じようにヒゲを剃っているつもりでも、青ひげになる日とならない日があると感じたことはありませんか?

 

青ひげになるかならないかは、ヒゲソリの方法に左右されるといっても過言ではありません。

 

ヒゲソリをうまく出来るかどうかで、仕上がりの青ひげ率は変わってしまいますから、青ひげを改善したいと思ったらまずヒゲソリを見直すことが大切です。

 

今回は、見直したいヒゲソリ方法の最初の一歩ともいえる、シェーバーの選び方についてご紹介します。

 

  • 深剃りできる刃の構造を選ぼう
  • フィット感で剃り残しを防ぐ
  • 肌への負担は最小限

青ひげ率を低くするシェーバー選びには、この3つのポイントがとても大切です。1つずつ解説しますから、シェーバーを購入する時の参考にして下さいね。

深剃りできないシェーバーは選ばないで

ヒゲソリ用の電動シェーバーは、たくさんのメーカーが色々な種類のものを販売しています。肌に優しいものや水洗いが可能なもの、シェービングフォームを使用できるものや持続時間が長いものなど、それぞれに工夫をこらした性能を売りにしていますよね。
では、青ひげを防ぐためのシェーバー選びでは、どういった性能のものを選べば良いのでしょうか。

 

ヒゲソリで青ひげ率を低くしたいなら、シェーバーは必ず深剃りができるものを選ばなくてはいけません。

 

いくら高性能のシェーバーを買っても、深剃りができない場合、毛穴の中のヒゲを剃れないので意味がないのです。

 

販売されているシェーバーで深剃りができるかどうかというのは、刃のエッジの構造にかかっています。

 

刃のエッジについてはメーカーごとに独自の性能がありますが、外刃と内刃で異なった機能を持っているものや、刃のエッジに丸みを作ることでヒゲを確実にキャッチして深剃りできるようになっているものなど、シェーバーによって得意分野は違いますから購入前にチェックするようにしてくださいね。

肌への密着度も大切!

青ひげを防ぐシェーバー選びで大切なのはシェーバーの刃のエッジの構造ですが、もう1つ忘れてはいけないのが、ヘッドの肌への密着度です。

 

人間の顔はとても複雑なラインになっていて、頬から顎にかけてのラインや鼻の下など、ヒゲソリを行なう部分はくぼんでいたりでっぱっていたりしていますよね。そうなると、肌にシェーバーをあてた時にどうしてもシェーバーが浮いてしまう部分ができるので、上手に深剃りできなくなってしまいます。

 

でも、ヘッド部分が自在に動いて肌に沿うように調節できるシェーバーを使っていれば、どんなカーブでもヘッドと肌は密着しているため、きちんと深剃りすることができるのです。

肌に負担をかけないように

深剃りできるシェーバーは普通のものよりパワーが大きめのため、肌への負担が気になることもありますよね。せっかくヒゲソリで青ひげを防ぐことができても、肌が荒れて赤くなっていたりブツブツができていては、なんの意味も無くなってしまいます。

 

そこで、肌に負担をかけないシェーバー選びをするためには、シェービングフォームを使用できるシェーバーを選ぶことが大切です。
以前は、電動シェーバーといえば何もつけずに直接肌にあててヒゲソリを行なうことも多かったようですが、最近はほとんどの機種がシェービングフォームに対応しています。また、肌の負担を抑えるためのパワー調整ができる機種もたくさんあり、敏感肌の男性には安心です。

まとめ

シェーバーで変わる青ひげ率、青ひげを防ぐシェーバー選びをご紹介しましたが、いかがでしたか?青ひげにならないためには深剃りができるシェーバーを選ぶこと、さらに、肌への負担に配慮できる機種であれば一番良い、ということが分かりましたね。
青ひげが気になるけど、いつもは適当に選んだカミソリで剃ってしまっている…なんて悩んでいる時は、思い切ってシェーバーに変えてみるもの良いですよ!

関連ページ

ひげ脱毛で青ひげ改善できる?
ひげ脱毛で青ひげを改善できるか?初めてひげ脱毛について興味を持った人がよくわかるように解説!
青髭(ひげ)になりにくいひげそり方法!
青髭(ひげ)になりにくいひげそりの方法を、わかりやすく解説しています。
青髭(ひげ)の原因がわかった!ココ注意すればバッチリ
青髭(ひげ)の原因、なぜヒゲソリをしても青髭(ひげ)になるのかをわかりやすく解説しています。
青髭(ひげ)を自分無くす方法で効果的な対策!
青髭(ひげ)を無くす方法があった!自分でできる効果的な対策を教えます。